マンション管理士・資格取得のための通信講座|スクールガイド

マンション管理士の仕事について

では、実際にはマンション管理士はどのような事をしているのでしょうか?


マンションの各戸の所有者によって結成された
管理組合や住民からの相談に応じたり、マンションで日々発生する
様々なトラブルを解決する為にアドバイスを行うコンサルタントであり、
掃除や設備などの点検・取次ぎなどマンションの管理を行う管理人とは別の役割を担っています。


新築されてから直ぐに必要になるというよりも、
大規模修繕・建替え問題・災害に備える為や高齢者・障害者の為の改築など、
マンションが建築され古くなってから起こりうる問題に対応する専門家として、
年毎に着実に増加している老朽マンションの現状を考えると、
将来性のある非常に有望な資格であると言えます。


しかも、国家資格でもあり難易度も高く、不動産・建築業界への就職・転職の際や、
勤務先での昇進・昇給における、大きなアピールポイントになりうる資格です。


また、管理業務主任者・宅地建物取引士・行政書士・司法書士など、
他の資格と組み合わせる事で、活躍の場もさらに広がります。


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

マンション管理士の資格@通信講座|スクール情報メニュー